• トップページ
  • JPDAとは?
  • サービス内容
  • 協会メンバー
  • 入会・説明会
  • 研修講座案内
  • 協会概要
  • メンバーの声
  • よくあるご質問
  • メンバーブログ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • トップページ
  • JPDAとは?
  • サービス内容
  • 協会メンバー
  • 入会・説明会
  • 研修講座案内
  • 協会概要
  • メンバーの声
  • よくあるご質問
  1. ●早摘み玄米と玄米の違い/三城円

●早摘み玄米と玄米の違い/三城円

本日は、拙著でご紹介している「体内活性ごはん」についてお話しします。
 

体内活性ごはんってなに?

o0889101314388551481.jpg

体内活性ごはん用のお米は、普通の玄米ではなく早摘みしている玄米です。
 
イメージは、硬い大豆ではなく枝豆のようなもの。
 

ダイエットや肌荒れ、便秘、疲労感に悩む多くの方は
胃の疲れ・消化力が低下が見受けられます。


 
その状態で、通常の玄米を召し上がってしまうと
胃に負担がかかってしまい、健康のために気を使っているにもかかわらず
思うように体調改善が見られない、なんてことも。

筋肉痛なのに激しい運動をしているのと同じと考えると
分かりやすいと思います。



一方、早摘み玄米はもみ殻は青く柔らかいため
胃の力が弱って消化力が低下している方でも食べやすいお米です。
 
 
しかし市販ではほとんど流通しておりませんので、
もし応用されるなら、分づき米をおすすめします。
 
 

1週間で体が変わる!食べながらやせるすごいプログラム参加者募集中


 
 
早摘み玄米とパーソナル管理栄養士のサポートのもと実践したいという方は
この機会をお見逃しなく。

詳細・お申し込みはコチラからお願いいたします。
 
 

おしらせ

3/11発売 1週間で体が変わる!食べながらやせるすごい方法(サンマーク出版)
好評発売中です。

早摘み玄米とスペシャル雑穀を使った「体内活性ごはん」、
1食で200gの野菜(きのこ・海藻含む)が摂れる「1週間の体内活性みそ汁レシピ」も掲載しております。
 
2019年4月11日

< 前ページ  |  一覧へ戻る  |  次ページ >

協会メンバー

  • 三城 円 (12)
  • 河村 桃子 (9)
  • 外山 裕子
  • 木村 みえこ
  • 若林 ゆかり
  • 中西 由紀
  • 中田 恵理
  • 中川 洋子
  • 白井 由紀
  • 佐々木 裕子
  • 大嶋 浩俊
  • 相川 朋世
  • その他

最近の画像

お問い合わせ

このページのトップへ